◆ドメインとIPアドレス?:ドメイン取れいん?

◆ ドメインとIPアドレス?

IPアドレス”とは、TCP/IPネットワーク上で通信相手を判別するための番号のことです。
TCP/IP”というのは、コンピューター同士が通信するためのプロトコル(仕様)の一つで、インターネット上での通信を行う際などに使われているものです。
なので“IPアドレス”は、インターネット上における“住所”ともいえます。

実は、ドメインの説明でも同じようにインターネット上の住所と書いているのですが、本来インターネット上の住所といえるのはIPアドレスなのです。

では、ドメインは住所という説明がちがっているのかというと、一概に間違いというわけでもなく、住所は住所でも“IPアドレス”は「○○市○○区000-0」のような、いわば“番地”に相当するもので、“ドメイン”は「○○区役所」や「○○さん宅」のような“ランドマーク名”みたいに考えるとわかりやすいかと思います。

◆IPv4とは

IPv4とは、IPアドレスの一種で、現在IPアドレスとして最も一般的に使われているものです。

IPv4は32ビットという情報量を持っています。
1ビットは二進数で表現したときの一桁に相当するので、“11000000101010000011100111101010”のようになりますが、このままではわかりづらいので、8ビットごとにドットで区切って10進数で表すようになっています。
(8ビットは数字で表すと、0~255になります)
上の例であれば“192.168.57.234”となります。

IPv4は、近い将来に不足することが確実視されていて(IPv4アドレス枯渇問題)徐々にIPv6への移行が進められています。

※1ビット
ビットとは、コンピューター上のデータ量を表す単位の一つで、最も小さな単位です。
1ビットの持つ情報量はデータを二進数、すなわち“1”と“0”のみで表した際の1桁分になります。
ちなみに、データ量の単位としてよく使われる“バイト”はビットで表すと8個分で、“1バイト = 8ビット”になります。

◆サブネットマスク

IPアドレスは、ネットワーク部とホスト部の2つに分けることができます。
ネットワーク部はコンピューターが属するネットワークを表すもので、ホスト部はそのネットワーク内でコンピューター自身を表します。
これは、マンションのマンション名と部屋番号のような関係になります。

必ずネットワーク部が左側、ホスト部は右側になるのですが、その境は可変なので、IPアドレスを一見しただけではどこが境目になっているかわかりません。
その境目を表すための目印がサブネットマスクです。

サブネットマスクは“255.255.255.0”のように、IPアドレスと同じような表記の仕方をします。
二進数表記したときにネットワーク部が“1”、ホスト部が“0”になるようにします。

たとえば上記のサブネットマスクであれば、二進数にすると“11111111.11111111.11111111.00000000”になるので、左から24ビット分がネットワーク部になり、残り8ビット分がホスト部になります。
(二進数の一桁=1ビットなので)

また「192.168.57.234/24」のようIPアドレスと併記して、ネットワーク部が何ビットなのか表す方法もあります。

◆特別なホスト部を持つIPアドレス

IPアドレスを二進数にしたときに、ホスト部(右側部分)がすべて0もしくはすべて1になるものには、特別な意味があります。

まず、すべて0になるものですが、これはネットワークそのものを表すIPアドレスとして扱われます。

また、すべて1になるものは、ブロードキャストアドレスと呼ばれていて、同じネットワーク内のすべてのコンピューターを呼び出すために使われるものです。

これらのIPアドレスはこのような特別な意味があるのため、コンピューターなどに割り当てることができません。

ドメイン” 記事一覧