◆まとめ:ドメイン取れいん?

◆ まとめ

ここまで、ホームページ上でできる迷惑メール対策をいくつか取り上げてみました。
サンプルとしては、それぞれの方法を単独で使ったものを例示していますが、これらの方法は可能な限り組み合わせて使うことをオススメします。

また、迷惑メール対策は、ホームページ以外でできることもたくさんありますので、それらの方法を探してみるのもいいかと思います。

例えば、ホームページ上で公開しているメールアドレスを定期的に変更するというものです。
メールアドレスを変えてしまえば、その時点で迷惑メール送信者との縁をリセットできるというわけです。

ただ、メールアドレスがコロコロ変わってしまうのは使いにくい面もありますから、この公開アドレスはホームページからの受け取り専用にして、サイト運営上必要になる(非公開の)メールアドレスを別に用意するのがいいと思います。
特に、Gmailやhotmailなど最近のフリーメールは迷惑メール対策が進んでいますから、それらのメールアドレスを利用するのもオススメです。

また、いざスパムメールを受け取っても、メールの中に何が書かれていようが、迷惑メール送信者が知っているのは自分のメールアドレスだけである、ということを心にとどめて置くのも大切です。
こちらから教えたりしない限り(不用意にホームページ上に書いて置かない限り)迷惑メール送信者は個人情報を知ることはできないんです。
ですから迷惑メールには過剰な反応をせず、無視してしまうのが一番いいのです。

迷惑メール対策” 記事一覧